BLOG
-ブログ-

  • © golkano.co.jp. All Rights Reserved.
2021.01.11
<第3弾>知らないと恥ずかしいグリーン上でのルール・マナー【ゴルフ初心者】ゴルフの基本

3回にわたってお伝えする、グリーン上でのルール・マナー!

 

今回は最終回の第3弾!

 

初心者でも一目置かれるプレーファーストのコツや、意外と知らない便利グッズもご紹介!

 

第1弾はこちら

第2弾はこちら

 

 

===

Agenda

1 ライン / 視界

2 カップ周り

3 マーク

4 マーク(マーカー)のズラし方

5 今更聞けない、間違えやすいルール

  ・「グリーン上ワングリップOK

  ・「ボール同士が当たって動いてしまったら、どうする?」

6 ピッチマーク(ボールマーク)

  ・ピッチマークの直し方

  ・グリーンフォークの種類

7 プレーファーストのコツ

  ・クラブの置き場所

  ・パターカバークリップ

===

 

 

 

6 ピッチマーク(ボールマーク)

・ピッチマーク(ボールマーク)とは?

 

 

ゴルフボールがグリーン上に落下したとき、ボールの重みやスピン等でグリーン上にボールのへこみができます。

これがピッチマーク(ボールマーク)です。

 

(念のためのですが、グリーン上でボールを取る時にマーカーを置いてマークする、この「マーク」とは別物です。)

 

 

このピッチマークをそのまま放っておくと芝が枯れてしまい、表面がボコボコになってボールの方向が変わったり、転がりが悪くなってしまいます。

 

 

 また、このピッチマークをいつ直すかで、芝の再生時間が全然違うのです!

 

 15分以内に直すと、1日で再生  

 1時間後に直すと、1週間後に再生

 1日後に直すと、1か月後に再生

 

 

 

これを知ると、とにかくすぐに直さなければ!という気持ちになりますよね。

 

自身のボールマークは自分で直すのがマナー。

さらにプラス1つ見つけて、直す心がけができたら常に綺麗なグリーンが維持できます。

 

 

 

 

 

・ピッチマークの直し方

では、このピッチマーク、どのようにして直すのかというと、「グリーンフォーク」を使います。

  ①グリーン上のへこみの、一番盛り上がったところの後方からグリーンフォークを刺します。

 

  ②へこみの中心方向へフォークを立てるようにします。

 

  ③ ①と②の動作をピッチマーク外周に数回繰り返し、最後はパターでトントンとならせば完了!

 

 

この時のポイントは、絶対に持ち上げないこと!!!

 

 

テコの原理を利用して芝を持ち上げてしまうと、芝の根がちぎれて芝が枯れてしまいます。

 

フォークを傾ける方向は、全て中心方向に!

 

 

 

 

 

・グリーンフォークの種類

グリーンフォークには、爪が1本、2本のもの。素材は、ステンレスとプラスチックのものが主流です。

 

 

 

 

個人的にオススメなのは、1本爪でステンレス製のものです。

 

芝の根を切ってしまうリスクが低いのは、1本爪だと思うからです。

 

 

 

ここで、私のグリーンフォークをご紹介。

 

 

CHERRYオリジナルリボンキーホルダーに、1本爪のグリーンフォークをつけています。

 

これ、ワイヤーが伸びるので、ベルト通しやDカンにつけておいて、必要な時にしゃがんで、グリーンフォークを使うだけ。

 

ポケットがかさばらないし、とっても便利です。

 

 

私はインスタで依頼しています^^

@cherry835cherry

https://www.instagram.com/cherry835cherry/

 

 

 

 

7 プレーファーストのコツ

・クラブの置き場所

グリーンに上がったら、パター以外の使わないクラブは、カップとカートの間に置く。

すると、カップインして、カートに戻る導線にクラブがあるので、拾いやすいのです。

 

 

もしカートと反対の場所に置いていたら、戻らないといけないため、それだけで時間のロス。

スロープレーの原因になります。

 

 

初心者でも、使わないクラブをカップとカートの間に置くだけで、

「お、この人は分かっているな」と一目置かれますよ。

 

 

 

 

・パターカバークリップ

グリーンまで来たら、マークして、クラブを置いて、ラインを読んで、と大忙しですよね!

 

 

バタバタしているとつい、

 

「ポケットに挟んだつもりのパターカバーがない!」

 

「あれ、パターカバーどこで外したっけ?」

 

なんてことも。

 

 

そんな時に役立つのが、パターカバークリップです。

(パターカバーホルダーや、パターカバーキャッチャーと呼ばれることもあります)

 

 

パターカバーに取り付けたら、

このパターカバークリップの部分をズボンやスカートのポケットに挟むだけ。

 

これでポケットから落ちてしまったり、外したカバーを探す手間もなくなります。

 

ドタバタしない余裕のあるゴルファーに!

 

 

 

 

 

3回にわけてグリーン上のルールマナーについてお伝えしましたが、いかがでしたか?

 

グリーンは、繊細かつ、スコアに大きく影響する大事な場所です。

 

細心の注意を払って、気持ちよくプレーできるようにしたいですね。

 

 

 

 

 

株式会社ゴルカノ

代表 宮原真里

 

 

 

 

 

~~~ゴルカノキャディのお仕事~~~

子育てママ

https://golkano.co.jp/recruit_mam/

家事、育児、仕事を効率良くこなしています!

現役ママキャディ3人が、キャディの仕事について語っています。

 

 

ゴルフの副業、Wワークをしたい方

https://golkano.co.jp/recruit_ol/

OLとキャディの1日を比較!

フリーランス、ダブルワーク/パラレルワークには最適!

 

 

よくある質問はこちら

https://golkano.co.jp/faq/

・キャディのお仕事ってどんなことをするの?

・キャディの報酬(給料)は?

・勤務時間や勤務日数は?

・研修ってあるの?

・服装は?

 

 


  • 前の記事へ

  • 次の記事へ

関連記事
  • 2020.06.10
    ルールよりもゴルフマナーが大事【ゴルフ初心者】ゴルフの基本 ゴルフで気をつけること〈スロープレー対策 前編〉
  • 2020.11.10
    【雨の日ゴルフ】雨対策は?雨でもやるの?中止にしてもいいの?〈後編〉
  • 2020.11.03
    【雨の日ゴルフ】雨対策は?雨でもやるの?中止にしてもいいの?〈前編〉
  • 2021.01.09
    <第1弾>知らないと恥ずかしいグリーン上でのルール・マナー【ゴルフ初心者】ゴルフの基本
  • 2020.02.08
    【ゴルフ初心者】「ダフった」「ダフる」って何?ゴルフマナーで大事なディボット跡の目土(めつち)!

BLOG LIST