GLOSSARY
-用語集-

  • © golkano.co.jp. All Rights Reserved.

    ハーフショット

    ショットのスイングの強さの分類としては、フルショット、スリークオーターショット、ハーフショットなどがあります。

    一般的には、クラブのシャフトの位置を基準に分類します。
    ・ハーフショットは、構えた時のクラブシャフトが時計の6時の方向から9時の位置まで、90度だけ回転して振り上げる打ち方です。
    ・スリークオーターショットは、構えた時のクラブシャフトが時計の6時の方向から12時の位置まで、180度だけ回転して振り上げる打ち方です。
    ・フルショットは、構えた時のクラブシャフトが時計の6時の方向から3時の位置まで、270度だけ回転して振り上げる打ち方です。

    フルショットの距離を基準とした場合、ハーフショットの距離は「フルショットの距離の60~70%」または「フルショットの距離から40~50ヤード短い」が目安になります。

    つまり、7番アイアンで150ヤードの飛距離が出る場合、ハーフショットでは「90~110ヤード」の間の距離が目安となります。

    特に、林の中などからフェアウェイに向けてリカバリーショットをする場合はハーフショットが役に立ちますが、打ち過ぎや距離不足にならないように、ハーフショットの距離感を意識しましょう。


  • 人気の用語

  • 用語集一覧