GLOSSARY
-用語集-

  • © golkano.co.jp. All Rights Reserved.

キャディバッグ

キャディバッグ(caddie bag)とは、ゴルフクラブ、ゴルフボール、ゴルフ用品などを入れて運ぶためのバッグです。
ラウンドする際には、カートに載せたり、キャディが担いだり、プレーヤー自身が担いだりして、コース内を運びます。
ラウンドの他にも、自宅からゴルフ場まで車でゴルフクラブを運んだり、宅配便などでゴルフクラブを送ったりする場合にも、ゴルフクラブの保護のために使います。


キャディバッグの種類は、次のような観点から様々です。
・自立式か、スタンド式か
・シングルショルダー式か、ダブルショルダー式か
・大きさ(口径)
・材質
・口枠のパターン
・内部仕切りのパターン


自分の使用目的が例えば、カートでのラウンドと担ぎでのラウンドがある場合などは、その目的に合わせて2~3種類のキャディバッグ持つことも考えられます。


キャディをしていて意外に重要なのは「口枠のパターン」と「内部仕切りのパターン」です。
何故かというと、キャディバッグからのゴルフクラブの取り出し易さと、ゴルフクラブの入れ戻し易さに大きく影響するからです。

口枠のパターンは、理想は4分割、許容範囲は5分割、最大でも6分割が嬉しいです。
ゴルフクラブを入れる場所を1本たりとも間違えないようにしたいプレーヤーは14分割以上しか選択肢に無いのかもしれませんが、キャディーとしては口枠の分割数は少ないほど、ゴルフクラブの入れ戻しに手間が掛からず、お客様へのサービスの質を上げることができます。

内部仕切りのパターンは、口枠のパターンに沿って、クラブケースの側面に隙間が無く、底の部分までカバーできている物が理想です。
このような構造になっていると、ゴルフクラブのグリップが絡まり難くなるので、ゴルフクラブの出し入れがスムーズになり、やはり、お客様へのサービスの質を上げることができます。


残念ながら、このような構造の内部仕切りのパターンは、見たことがありませんが、もしもキャディ業務の時にお目に掛ったとしたら、思わず頬ずりしたくなると思います。


用語集一覧