GLOSSARY
-用語集-

  • © golkano.co.jp. All Rights Reserved.

    ナイスショット

    自分の希望する結果に対して、最高の結果が得られた場合はナイスショットです。
    ただし、ナイスショットのレベルはプレーヤーのレベルや考え方によってかなり変わってきます。

    シングルプレーヤーは「殆どナイスショットは無い」と謙遜します。
    アベレージプレーヤーはミスショットでなければ「上出来上出来」と言いながらナイスショットの範疇だと納得します。

    キャディーとしては、ショットの結果に対してナイスショットの言い方は変わってきます。
    誰もが認めるナイスショットは、大きな声で、皆で「ナイスショット!!」を合唱します。
    ミスショットではない安全範囲のショットは「ナイスです」などと、少し控え目に発声します。

    ナイスショットに似ている用語として「グッドショット」があります。

    一般的には「グッドショット」が英語的には正しくて、「ナイスショット」は和製英語とも言われています。
    これらを区別して使用する考え方として、「ナイスショット」は結果がナイスだった場合に使う用語、「グッドショット」は結果は兎も角、良いスイングをしたときに使われる用語という考え方もあるようです。


    そうなると、スイングが良くて(ダフったり、トップではなくて)飛球線方向が良ければ先ずは「グッドショット」の発声で、その後に極端なフックやスライスにならずにフェアウェイをキープするという結果やグリーンオンという結果になったら「ナイスショット」の発声ですね。


  • 人気の用語

  • 用語集一覧